30代から始める婚活対策ブログ

33歳理系研究職が3年の婚活経験から色々考察するブログ

婚活スペックを自己採点

婚活スペックを自己採点

 

f:id:FlyBoy:20191026114221j:plain

 

 

客観的に自分の婚活スペックを見つめ直すために、以下のHPを参考にして自己採点を行ってみた。

 

 http://feelingclover.com/metaname=google-site-verificationcontent=nrRrBXGQ-Vuzow8HB8XFqRNU_F_Sggi5F-CoZ2ZdBJQ/%E5%A9%9A%E6%B4%BB%E6%8E%A1%E7%82%B9%E8%A1%A8/

 

採点表(プラス採点の部)

 

f:id:FlyBoy:20191026170047j:plain

 

見た目、会話力、一人暮らし経験、これまで付き合った人数などと年収、預金、年齢など質実合わさった採点項目。

 


ふーむ、100点満点で66点か。

 

 

見た目はどうしようもないが、会話力や自炊能力なんかは改善の余地がある

 

 

プラス採点はここまでで、この後はマイナス採点の部。

 

採点表(マイナス採点の部)

 

f:id:FlyBoy:20191026170926p:plain

婚姻歴や、両親との同居、趣味や体型、相手に求める理想の高さなどがマイナス要因となるらしい。

 

 

ゲーム(昔はゲーム屋でバイトしていた)

アニメ(アマゾンプライムで見る)

パソコン(ブログ、トレード、情報収集など…)

 

 

この3つのうち1つでも当てはまったらマイナス10点、厳しくないか?と文句を言いつつも、婚活界の常識は受け入れよう

 

 

あと、友人が少ないのはともかく、筋トレもダメか…。

 

 

なんでも、男性的な趣味はウケが良くないらしい。

 

 

費用はジムとプロテイン代くらいで、健康にも気を付けるため、趣味としては悪くないと思うが…婚活界の常識は受け入れよう

 

 

婚姻歴アリの方を対象から外すのは、可能性が狭まるという意味でのマイナス点だと思うが、このマイナス点は甘んじて受け入れます。

 

 

自己採点結果

 

合計41点。

 

この数字が結婚できる確率そのままだとか。軽くショック。

 

 

実際、既婚者は50点を超えてくるらしい。

 

 

(さらに詳細な判定は先ほどのリンクに示されています)

 

 

まとめ

 

個人的には採点基準に対していくらか突っ込みどころがあるが

 

 

真摯に受け止めて、まずは会話力や自炊能力を高めていきたい。

 →自分で解決できることにエネルギーを注ぐ

 

 

 さらに、マイナス点をマイナスと思わない人を探す。

→趣味の合う人を探せば、プラス点をそのまま活かせる。

 

 

この辺を意識して、婚活頑張ろうかな。